Work Relaxation

社員の癒し

近年、「健康経営」という言葉を見聞きするようになりました。健康経営について、経済産業省の「健康経営の推進」によれば……

「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。企業理念に基づき、従業員等への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性の向上等の組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながると期待されます。

出典:健康経営の推進 | 経済産業省

とあります。従業員への健康投資が活力や生産性の向上につながる……こういった考え方は、働き方改革が叫ばれる「近年ならでは」です。

一方、頭では従業員の健康の大切さを理 解できていても、具体的な「何か」を行うのは、なかなか難しいことなのかもしれません。

また、急速に拡がったテレワークにより、働く場所の時間の制約がなくなりつつある一方で、新たな課題も起こっています。経済産業省 ヘルスケア産業課が2020年3月に発表した「健康経営の推進について」によれば、在宅勤務などによる運動やコミュニケーションの不足により、テレワークをしている約3割の人が体の不調を訴えたり、メンタルヘルスやストレスに関する相談が50%も増えるなど、心身に不調を感じている人が増えてきました。

働き方が急速に変わるいま、社員の心身に対する何かしらの対応が必要そうです。

そこで、妙高ワーケーションセンターでは「Work Relaxation」をテーマに、知識と体験を両立した次のようなプログラムをご要望に応じてご提案いたします。

知識

  • ストレスが少なく働きやすいチームビルディング講座
  • 心理的安全性が高いテレワークコミュニケーション講座

体験