Work Education

社員の人材育成

これまでの人材育成と言えば、OJTやOFF-JTなど、社内における教育訓練が一般的でした。先輩のやり方をマニュアル化し、後輩に教える。そうすることで、社員を育てることができました。

しかし、日々、目まぐるしく変化し、先行きの見通しが立てにくい現代社会では、過去の成功モデルを踏襲したやり方を学ぶだけでは対応が難しくなってきました。このような「正解がない時代」に、私たちビジネスパーソンは、どのように歩んでいけばいいのでしょうか。

そのヒントの1つが「越境的学習」です。

「越境的学習」とは、組織内部だけではなく、組織や部門を超えて、日常とは異なる環境を「行ったり来たり」しながら成長を促す方法です。異なる環境や価値観に触れることによって、今までにない気づき、学び、発見を得ることができます。

この「日常とは異なる環境」として、妙高ワーケーションセンターでは「Work Education」をテーマに、妙高ならでは「学びのフィールド」をご用意しています。

たとえば「自然」。天候がそうであるように、環境が時々刻々と変化するのが自然です。起こっている状況から「事実」を把握し、その中で最適な「判断」をして、いま取るべき「行動」を起こす……これは、まさにビジネスシーンで大切なこと「そのもの」ではないでしょうか。

また、「組織作り」「コミュニケーション」「テレワーク」といった分野で、実務に直接役立つスキル研修を行いながら、地域体験を組み合わせるなど、御社のご要望に合わせてカスタマイズいたします。

研修プログラム

日本能率協会マネジメントセンター here there
モニターツアーレポート
特定非営利活動法人しごとのみらい
国際自然環境アウトドア専門学校