「ワーケーションに行くんです。仕事で」と胸を張っていえる4つの目的

Myoko Workation column

妙高ワーケーションセンター ワーケーションコーディネーターの竹内義晴です。

前回のワーケーション市場を分析して分かった理想と現実、そして、方向性では、ワーケーション市場が抱える課題について見てきました。一般的に言われている自然や食、温泉といった「観光」文脈のワーケーションもたしかに魅力的ではあるものの、上司や同僚、仕事関係者、パートナー、家族のことを考えると、なかなか行動に移しにくい……というお話でした。

また、このような働き方ができるのは、働く時間や場所の裁量がある、経営者やフリーランサーなど、全労働人口の5%にあたる限られた人たちが中心で、多くの人はやりにくいのが課題です。

わたしたちは、一人でも多くの人が、ワーケーションを「できる」にしたいなと思っています。

今回は、「ワーケーションに行くんです。仕事で」と胸を張っていただける、妙高型ワーケーション4つの目的についてお話します。

ワーケーションに「4つの意味」をつけてみた

妙高型のワーケーションでは、ワーケーションを「休暇」や「観光」ではなく、仕事は仕事としたうえで、仕事と休暇、企業と個人の4つの軸で、ワーク×バケーションではない意味付けをしてみました。

それが次の図です。それぞれについて見ていきましょう。

4つの妙高ワーケーション

Work Education「企業×仕事」

1つ目は、Work Education。つまり「社員の人材育成」です。

企業研修といえば、会議室で行われるのが一般的ですが、妙高ならではの「実体験」によって、仕事に活かせるような研修型プログラムがあると、ワーケーションは企業にとって「人材への投資」とみることができます。

Work Relaxation「企業×休暇」

2つ目は、Work Relaxation。つまり「社員の癒し」です。

2015年12月にはストレスチェック制度が義務化されましたが、ビジネスシーンではストレスが多いものです。ストレスへの対応は経営課題とも言えます。

また、近年は、従業員の活力向上や生産性の向上など組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や株価向上につながるとして、健康経営の重要性がうたわれるようになりました。

ストレス改善に効果があるプログラムをご提供できれば、ワーケーションは健康投資になります。

Work Concentration「個人×仕事」

3つ目は、Work Concentration。つまり「仕事の集中」です。

コロナ禍の拡がりによって一気に広まったテレワーク。都市部では在宅勤務を経験された方も多いのではないかと思います。

一方で、仕事とプライベートが混在する毎日に、「たまには環境が異なる場所で、集中して仕事がしたい」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ワーケーションに「集中」という意味をつけることで、「気分を変えて、集中して仕事がする」機会ととらえることができます。

Work Motivation「個人×休暇」

4つ目は、Work Motivation。つまり「仕事の楽しさ」です。

コロナ禍によってテレワークが拡がったいま、いままでは夢物語だった「会社は都市部で、地方に住む」「住まいは都市部で、地方で複業」といった、多様な働き方が現実味を帯びてきました。

このように、ワーケーションを「自分らしい働き方の実現」と考えると、仕事による「充実感」を得る手段と考えることができそうです。

ワーケーションを「仕事」とすることで目的がはっきりした

ここまでお話してきたように、「仕事と休暇の組み合わせ」という意味付けでは、なんとなくイメージがわきにくいワーケーション。しかし、「仕事は仕事」とした上で、企業やビジネスパーソンにとっての価値を考えたら、はっきりとした意味や目的を見出すことができました。つまり、ワーケーションとは、「働き方、学び方の多様化」なのだと。

そこで、妙高ワーケーションでは、これら4つの「work & ation」を形にすべく、これまで取り組んで来ました。

次回以降は、これまで取り組んできた具体的な内容と事例についてご紹介したいと思っています。